心が壊れそうになったら


頭がボーとして考えられない。

ある月曜日にそんな状態だった。

頭がパンクして、全てがどーでもよくなった。

あ、心が壊れかけてるなと分かった。

すぐに認められたのは、心について学んでいたからだろう。

何も知らなかったら、そのまま深く潜行してしまっただろう。

頭に氣が昇り過ぎてショートした感じ。

朝の散歩を日課にして、全身の緊張を確認するように歩いてみると、今まで気がついていなかっただけで、體のあちこちに力が入って自由ではなかったことが分かった。それこそ、頭から足先まで緊張で固まっていた。

これまでの人生、ずっとそうやって生きてきたから、僕の體は強張り、硬くなり、ちょっとしたことで崩れていくのだと思う。

“リラックス”がどんな状態なのか分かったのは、鍼灸院で施術してもらったとき。ピンポン球のような白い塊が、ポッンと抜けていく感じがした。その時、全身の力が抜けて、深くリラックスできた。

あ、これが”リラックス”なのか!

どうやら、今まで知らなかったようだ。

體、緩んでますか??

スポンサーリンク
2016-06-06 | Posted in 命によりそうNo Comments » 

関連記事