散歩はカメラだけ持って出かけるのがいい


だんだん春が近づいてくると、散歩に出かけたくなります。
散歩するなら、朝が氣持ちいい。
そんな散歩がもっと楽しくなること始めました。

スポンサーリンク

スマホを手放して散歩がいい

今どき、スマホがあればとりあえず何とかなるようになりました。
時計の代わり、財布の代わり、パソコンの代わり、カメラの代わり etc
いろんなことを一台でこなせてスマートです。

でも、ゆっくり散歩したいとき、スマホを置いて出かけると、心がとーっても軽くて自由な氣分になるんです。
普段、ぼくがスマホに縛られてしまっている証拠。

 

カメラを持って散歩がいい

スマホを置いて散歩しているときに限って、綺麗なものを見つけることがあります。
そんなとき、写真を撮りたくなってもスマホがないと…

そこで、カメラを持ち歩くようにしました。
せっかくなら、心が感動したものを写真におさめておきたい。

IMG_0067.JPG

(ため池の護岸にタンポポひとつ)

 

歩くことを目的に歩くって、ほんと、楽しいです。
一歩づつ大地を歩くとができるのが奇跡なんだと実感します。

奇跡とは水の上を歩くことでなく、地球の上を歩くこと。
ティク・ナット・ハン師

スマホも財布も持たず、カメラ片手にゆっくりと氣ままに歩く。
とってもシンプルだけど、大切な時間。
カメラが無ければ、もっとシンプルに散歩できそうにも思う。

だけど…

ただただ散歩してると、いろんな美しいものに氣がつくんです。
小さな春を見つけることもあります。

IMG_0059.JPG

(梅の花が咲きはじめてた)

 

冷たい風を受けるだけでも嬉しくなります。
今、生きているんだって氣がつくから。

そんなものを写真に切り取れるようになったら、また、嬉しいが増えるんだろうなと思います。

やっぱり、カメラは持って出かけるのがいい。

スポンサーリンク
2017-02-28 | Posted in 日々のことNo Comments » 

関連記事