赤ちゃんはエネルギーが溢れ出ていることについて


子ども、特に生後6ヶ月くらいの赤ちゃんはエネルギーそのものです。
近くにいるだけで癒されていく感じがしますよね。
それは、氣がバシバシ出てるからです。

 

スポンサーリンク

頭頂から溢れ出るエネルギー

息子が6ヶ月くらいまでは、頭頂から大量のエネルギーが溢れていました。
手を当てると、すごく感じて、最初は驚きました。
そして氣がついたことが、触ったらダメだということです。
バシバシ出ているエネルギーだけど、そこに手を当てたら自分にも入ってくる。
これは、横取りしちゃいけない類のものだと分かりました。
それ以来、なるべく触らないようにしてました。
ときどき、エネルギーを感じたくて触っちゃったこともありましたが・・・(^^)

溢れでてたエネルギーも1歳を過ぎると、ぼくには感じられなくなりました。
頭頂の骨のつなぎ目に関係するのかなとも考えていますが、
きっと、天とのパイプがしっかり繋がっているから、そこをエネルギーが勢い良く流れているんだと思います。

 

お腹から溢れ出るエネルギー

ぼくは頭の方がエネルギーを強く感じましたが、妻はお臍のあたりからエネルギーを強く感じたと言ってました。
へその緒で繋がってたぶん、エネルギーの行き来があるんだと考えています。
頭頂と合わせて考えると、外と繋がっている体の部位にはパイプがあって、エネルギーが流れているんですね。

漫画『ナルト』でも、九喇嘛(くらま)がナルトのお腹に封印されています。あの漫画は調べてるな〜と思わされるところが多いので、これも何かのつながりがあるのでしょう。

 

赤ちゃんのそばにいるだけで癒される

赤ちゃんて、そこにいるだけで、こっちが癒されていきますよね。
無垢な感じや愛くるしい感じだからっていう理由もあるでしょうが、エネルギーが溢れ出ているからっていうのもあります。
赤ちゃんの周辺は、とても純真な空気感が漂っています。
だから、近くにいるだけで自分まで浄化されていきます。
しかも、神社のように厳かで神聖!!!って感じではなく、やさしく包まれる神聖さです。

核家族化が進んで、子育てに四苦八苦するお母さんたちは多いです。
赤ちゃんや小さい子どもを抱える親子を見たときは、どうぞ、癒されてください。
泣いてたっていいじゃないですか。
みんな、そうやって育ってきたんだから。
子どもたちは神様からの贈りものですよ。

 

スポンサーリンク
2016-12-14 | Posted in 子どものことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA