雪と珊瑚とを読んだ感想


小説をあまり読まなくなっても、
自分が好きな作家さんの作品だけは気になるもの。
私が好きな作家さん、梨木香歩さん
家守綺譚」や「村田エフェンディ滞土録」の世界が大好きです。

 

スポンサーリンク

雪と珊瑚と

シングルマザーの珊瑚と娘の雪
そして、雪と珊瑚をとりまく人たちの物語。
珊瑚は雪を通して自分が母親から引き継いだもの、引き継がなかったものを見つけていく。
美味しそうな料理がたくさん出てきて、それもまた楽しめます。

感想

ものごとが進んでも、
やっぱり内面の複雑さは複雑なままで絡み合い
3歩進んで2.9歩さがる。
そんな繰り返しの日々が、
生きるということなのだろうか。

読後にこんなことを思わされた物語でした。

 

スポンサーリンク
2017-06-30 | Posted in No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA