魂からのメッセージ


今年の初めに、SENSES OF THE SOULというWSを受けてきました。
ずいぶんと時間が経ってしまったけど、大切な経験ができてよかったと思ってます。

日本語の情報があまりないのが残念ですが、
とってもオススメです。

スポンサーリンク

受講しようと思った理由

仕事のことでストレスが溜まり、
不眠に陥ったある夜のこと。
辛くて布団の中にいられなくなり、
ダイニングへ行きました。
スマホでメールを確認すると、
クンダリーニヨガ の3HO Japanからメルマガが届いてました。
それがSenses of the Soul WSの案内でした。

あ、これに行かないと!

開催日はその週末。
副題が、
Emotional Therapy for Strength, Healing and Guidance
どんなものか分かりませんでしたが、
今の僕には必要なんだと思い参加することに。

Senses of the Soulとは

感覚といえば、大体が5感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚)のことをイメージするけど、
魂の感覚っていうのがある。
魂の感覚とは、私たちがより良く行きて生きていくための魂からのメッセージです。
そのメッセージを受け取るキッカケが感情。

知性vs本能(感情)の二項対立で捉えていたものを
相互に助け合うものなのだと気づくことが第一歩。

これまで、ネガティヴな感情に対して、
ネガティヴな反応をしてしまっていた。

ネガティヴな感情は私たちを助けるための魂からのメッセージなんだと気づき、
メッセージを受け取れるようにするのが、Senses of the Soulなんだと思います。

”怒り”の感情は、
自分を守るためにある。

”恐怖”の感情は、
危険だから逃げろということ。

”悲しみ”の感情は、
何かを失うことや変化に対応するためにある。

感情は私を助けるためにある。

何か感情に気がついたら、
4つのステップを試してみよう。

  1. 感情に名前をつけてみる。
  2. なぜ、その感情がわいてきたのか?
  3. どうすれば、その感情を和らげられるのか?
  4. ためしてみる。

ここで大切なことは、思考(マインド)で答えは出てこないということ。
マインドをクリアにしてその奥にきいてみる。

頭の中のおしゃべりを止めて、
感じていると、
魂からのメッセージが聞こえてくる。
このおしゃべりを止めるために、
クンダリーニヨガ の瞑想方法を使うのがとっても有効でした。

学んだこと

「絶対安心な場所を築いてほしい」

これは、数年前に受け取った僕の魂からのメッセージです。
絶対安心な場所って何だろう?
安心できる居場所を作るってことかな?
安心できる家庭を築くってことかな?
こんなふうに考えていました。

セッション中に受け取ったメッセージは、
「自分の内側に作るんだよ」
でした。
そのことをGuruMeher先生に話したら、
先生から

” The kingdom is in you. “

という言葉をかけてもらいました。

さて、自分の内側に作るのは分かりました。
でも、どうやって作るのか分かりません。
そこで次のセッションで、心に問いかけました。

「それは、” LOVE “、愛でだよ」

また、GuruMeher先生に話すと、
先生は仰いました。

「自分を愛することで、周りを愛することができる。
自分の内側に愛を見つけることが次のステップだよ。
少しずつ続けてね。」

GuruMeher先生って、ほんと素敵な方です。

自分の内側に愛を見つけるのって、難しいです。
できていたら、きっと、このWSには参加していないでしょうから。

生きていることが”美しい”、”純粋”

このことを自分の中に落とし込んでいきたい。
そう思いました。
自分が幸せになるために、生きることを肯定しようよ。

GuruMeher先生は仰います。

多くの人は、セルフイメージが小さいすぎる。
小さいと小さいことしかできない。
大きいと大きいことができる。

自分の価値(自尊心)は、子供の頃に作られたもの。
親が忙しくて子供のことを構えなかっただけでも、
構ってもらえないのは自分のせいだと思ってしまう。

自分の価値は、他人(親)が作ったもの。
自分で自分の価値を作りましょう。

自己愛とは、慈悲と受容

マインドのお喋りを止めて心を開きましょう。

終わりに

最後のセッションは、ハードだったけど、とっても素晴らしい体験ができました。

座った姿勢で両腕を左右に大きく開き、
左腕はそのままキープ、
右腕は右手で顔に風を送るように動かし続ける。

何分間(15分以上かな?)やっていたか分からないけど、
キツすぎて続けられないほどでした。

参加した仲間の中から、大きな声が聞こえてきました。
もう、それがおかしくておかしくて、
さっきまでもう無理って思っていたのが嘘のように、
エネルギーが戻ってきました。
このWSに参加していた仲間に恵まれたのも良かったです。

最後のセッションが終わった時は、
目から涙が溢れていました。
そして、WSで受け取った最後のメッセージ

「喜んでいい、楽しんでいい、何でも自由なんだよ」

休憩中に頂いた Yogi Teaからもメッセージ

” This life is a gift. “

 

 

スポンサーリンク
2018-08-17 | Posted in 命によりそう, No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA