Instagrate Liteでタイトルからハッシュタグを消す方法


WordPressのプラグインにInstagrate Liteっていうのがあり、
これを使うと、Instagramで写真をアップすると自動でWordPressにもアップしてくれます。
使ってみたところ、blogのタイトルにInstagramで付けた文がそのまま載っちゃう。
ハッシュタグを使ってると、それも一緒にタイトルになり、長ったらしく、カッコ悪い。
そこで、ハッシュタグを消す方法がないか調べてみました。
ちなみに、Instagrate Liteの有料版Instagrateを購入($35)すればハッシュタグを消す機能が標準装備だそうです。

 

スポンサーリンク

ハッシュタグの消し方

ハッシュタグの消し方はInstagrate Liteのプログラムをちょこっといじるだけで出来るようです。
詳しい方法が解説してあるページを見つけました。
自分のblogって外付けHDDみたいな使い方もあるので、
忘備録として簡単に書いておきます。
操作をする前はバックアップを取っておいてくださいね。
ぼくは朝の忙しい時間に作業をはじめちゃったので、失敗してblogが見えなくなりました。
バックアップしてあったから元通りにでき、一安心。
詳しい方法は上のリンク先ページを見てくださいね。
ちなみに、コードを書くのにSublime Textっていうソフトを使っています。

  1. hashtag.phpっていうファイルを作り、下のコードを書く。
  2. サーバー上の<WordPressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/instagrate-to-wordpress/php/ にhashtag.phpをアップする。
  3. サーバー上の<WordPressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/instagrate-to-wordpress/instagrate-to-wordpress.phpをダウンロードして下の37行目と480行目のようにコードを追加する。
  4. <WordPressをインストールしたディレクトリ>/wp-content/plugins/instagrate-to-wordpress/instagrate-to-wordpress.phpをアップする。

これで、タイトルからハッシュタグを除くことができます。

 

blogタイトルをハッシュタグで決められる

今回のプログラムはハッシュタグ以下を削除するようになっています。
だから、ハッシュタグで区切られた前をblogのタイトルにすることができます。
例えば、Instagramでこんなタイトルにすると、
『うれしいランチ #ランチ 今日はお気に入りのお店でランチを食べてきました。とっても美味しかったです。』
blogでは、
『うれしいランチ』
だけになり、すっきりしたタイトルにできます。

 

新着記事から特定のカテゴリーを抜く方法

Instagramの投稿は写真をアップするだけなので、他の記事より更新頻度が高くなります。そうすると、新着記事にInstagramの写真ばかり並んじゃうい他の記事を読んでもらえなくなります。そこで、新着記事から特定のカテゴリーだけ抜きます。下のコードのquery_postsでcat=-(カテゴリーのID)とすればOK。今回はIDが56でした。
カテゴリーIDの調べ方は、WordPressの管理ページから投稿の中のカテゴリーを選択して、調べたいカテゴリーのページを表示します。表示したページのURLにcategory&tag_ID=とあり、その後ろの数字です。
これで、新着記事にはInstagramのカテゴリーが表示されなくなります。

スポンサーリンク
2017-01-15 | Posted in ウェブNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA